MENU

慢性疲労サプリランキング

慢性疲労は、休息をとっても回復できないまま、疲労が重なった状態。なにより睡眠や栄養補給が大切。さらに、代謝UPでエネルギーつくり身体を回復させることが、今ある疲れの解決につながります。

 

そこで摂りたいのが、アミノ酸、クエン酸、イミダゾールジペプチドといった成分。アミノ酸が、傷つけられた細胞の修復をして疲労を軽減してくれます。クエン酸やイミダゾールジペプチドが、代謝UPでエネルギーをつくり疲れを改善。しかし、食事だけで必要な量を摂るのは難しいことも。サプリメントを利用して、慢性疲労から回復しましょう。当サイトでは長く続く疲労回復におすすめの、慢性疲労サプリをご紹介。寝ても疲れが取れない、すぐにエネルギーが切れるといった方は是非。

 

 

三黒の美酢の特徴

黒酢もろみ、黒にんにく、卵黄油が長引く疲労から回復させてくれます。黒酢の10倍もの栄養素を含む、黒酢もろみを使用。たっぷりのアミノ酸とクエン酸が疲労回復を促します。完熟発酵により栄養価がグンとUPした黒にんにくは、アミノ酸、特に精神疲労に効くアルギニンが通常の約4倍も。卵黄油は新陳代謝をUPして老廃物を排出しやすくします。疲れが溜まらなくなった、朝の目覚めがよくなった、肌の調子がよいとの嬉しい声が。1日めやす2粒。

価格 980円
評価 評価5
備考 黒酢もろみ・黒にんにく・卵黄油

 

 

やわた 鎮江の黒香醋の特徴

中国の伝統製法でつくられたお酢、黒香醋が長引く疲労を改善してくれます。日本の食酢に比べ18倍ものアミノ酸を含有。疲労回復のクエン酸サイクルをスムーズにしてくれます。その働きを補助する有機酸もたっぷり。熱に弱い成分を守るために、独自の氷乾精製で作られています。疲れを持ち越さない、酢が苦手でも飲めたとの声あり。1日めやす2粒。

価格 2,160円
評価 評価5
備考 お酢

 

 

イミダペプチドソフトカプセルの特徴

イミダゾールジペプチドが疲労回復をサポートしてくれます。鶏胸肉に多く含まれるというイミダゾールジペプチドは、疲労回復に役立つ成分。代謝をUPしてエネルギーの生産を増やし、体を元気にしてくれます。1日めやす4粒で200rのイミダゾールジペプチドが摂れます。疲れにくくなった、体調不良が少なくなった、との声あり。

価格 980円
評価 評価5
備考 イミダゾールジペプチド

 

慢性疲労に効くサプリ成分一覧

 

慢性疲労を回復するには、規則正しく食事をするのが一番です。とはいえ、現代の食環境で規則正しく栄養が整った食事をするのは大変かもしれません。そこで便利に活用されているのが、サプリメントです。

 

慢性疲労にならないようにするには、全ての栄養をバランスよくとることが大切。ですが、ここでは特に慢性疲労の予防や回復に役立つとされているサプリ成分についてお話しましょう。

 

現代人に多過ぎる炭水化物と糖質

 

人間に必要な三大栄養素に、炭水化物とたんぱく質、脂質があります。慢性疲労に陥りやすい人は、三大栄養素のバランスからして乱れがちです。

 

例えば、ダイエットをしているから脂質を控えたい、炭水化物はどうしても減らせないからたんぱく質をとらずにいこうと決めてしまう人も多いのです。ところが、三大栄養素はどれも健康を維持するために絶対不可欠で、特にたんぱく質は人体の20%以上を構成している成分ですから、極端に減らしてしまうのは危険です。

 

むしろ、過剰に摂取しがちな炭水化物や糖質、脂質を少し少な目にしてたんぱく質はしっかり摂取したほうが、栄養のバランスをとりやすいでしょう。自分がどのくらいの栄養をとっているかは、食生活を書き出してみると一目瞭然です。

 

糖質を含む炭水化物もエネルギーを生み出すためには必要で、脂質も最低限必要な量があります。バランスよく栄養を摂取するというのは、いろいろな栄養素をちょうどいい分量ずつとることなのです。

 

ビタミンとミネラルの摂取

 

三大栄養素にビタミンとミネラルが加わると、五大栄養素と呼ばれます。ビタミンやミネラルは少量ずつ摂取していればよいものの、現代人には不足しがちだといわれます。

 

特にビタミンには水溶性と脂溶性があり、脂溶性ビタミンが摂取過多にならないようにしなければならない一方で、水溶性ビタミンはこまめに摂取しないと不足してしまうことが多いのにも要注意です。

 

慢性疲労になりやすい人には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどが不足しがちです。これらのビタミンは肉類にも含まれているのですが、たんぱく質の摂取を控えていると肉の摂取量が減ってビタミンB群の摂取も不足しやすくなります。サプリメントで補給するなどして、栄養のバランスを良くするように心がけましょう。

 

慢性疲労の原因はなに?

 

ふと気が付くと、いつも疲れているような気がする、というのが慢性疲労です。疲労が日常的になってしまって、もはや疲れていることが当たり前になってしまっているかもしれません。

 

しかし身体は正直ですから、どこかしたでひずみが生じて少しずつ少しずつ調子が悪くなっていきます。慢性疲労の状態を何ヶ月も何年も続けていたら、大病や大けがの原因となってしまうこともあるのです。そこでここでは、慢性疲労に早めに気付いて予防するため、その原因についてお話しましょう。

 

食生活や生活習慣の乱れ

 

慢性疲労には代表的な5つの原因があり、おおよそが食生活や生活習慣の乱れに集約されています。例えば、極度のストレスや睡眠不足、栄養のかたより、運動不足などが、慢性疲労の主な原因とされているのです。

 

体を動かし過ぎによる肉体疲労が慢性疲労につながることもありますが、動いていないのに慢性疲労になることもあるとわかっていれば、適度な運動をして健やかに生活することが大事だということにも気付くでしょう。睡眠不足も、直接的な疲労につながります。

 

毎日夜更かしするような生活を続けていると、いつも何となくだるいという慢性疲労になるのは時間の問題です。疲労を回復してくれる食品の栄養成分もあり、栄養が偏った食生活を送っていると疲労がいつまでも残ってしまいます。

 

加齢によるホルモンの減少

 

人間を若々しく元気にしてくれている体内の成分といえば、ホルモンが代表的です。人体を健康に保っているホルモンにはたくさんの種類がありますが、年を重ねると段々とホルモンの分泌が少なくなってきます。すると健康を維持する力も弱まってきて、慢性疲労に陥りやすくなるのです。

 

ホルモンの分泌は、食生活や睡眠、運動、ストレスなどにも関係しています。つまり、前述の食生活や生活習慣の乱れを回復すれば、ある程度の年齢でも驚かれるほどの若さを維持できるわけです。

 

同じ時を過ごすなら、慢性疲労など感じず元気に過ごしたいものです。そのためには、基本的な生活習慣を整えることを考える必要がありそうです。

 

慢性疲労のサイン?よくある症状とは

 

自分が慢性疲労なのかどうかは、わかりにくいものです。というのも、何となくだるい状態が続いているだけでは、慢性疲労と呼んでいいものか迷ってしまう人が多いからではないでしょうか。特に日本人は、だるい、体の調子が悪いということで自分を責めてしまいがち。身体からのSOSをまじめに受け止めて、回復に努めるようにすることが大切です。ここでは、慢性疲労のサインについてお話しましょう。

 

肉体的症状

 

慢性疲労になってくると、肉体的には激しい倦怠感に襲われます。もちろん倦怠感にも個人差がありますから、一晩寝ても疲れがとれない状態が続くようなときには、慢性疲労を疑ってみたほうがよいでしょう。

 

慢性疲労では、微熱や頭痛に襲われることもあります。しょっちゅう、熱っぽい、頭痛が起こりやすいという人は、疲労がかなりたまっている可能性があります。

 

筋肉痛や関節痛を感じるのも、慢性疲労からきているかもしれません。また、中にはのどの痛みや腫れとなって、疲労が現れることもあります。胃腸の調子がすぐに悪くなる、光や音に過敏に反応してしまうというのも、要注意です。

 

精神的症状

 

肉体的に感じる症状の他に、慢性疲労になると精神的にも辛い症状が出てきます。気分が落ち込みやすくなるというのは、もともと落ち込みやすい生活だからと自分を責める必要はありません。疲労から精神的に回復しない状態になっていることもあるため、疲れがとれれば落ち込みも取れることがあるのです。

 

集中力や記憶力が低下してしまうことも、少なくありません。仕事や勉強をしようと思って頑張っても成果が上がらず、余計にストレスを感じてしまうことも多いでしょう。

 

そんな状態が続けば、うつになってしまう可能性も高まります。本格的なうつが進行してしまうと、自分でどうにかしようと思ってもどうにもならなくなってしまうため、少しでもおかしいと感じたら休息をとることをおすすめします。

 

慢性疲労の回復方法

 

慢性疲労の原因として大きな要素となっているのは、食事や睡眠、ストレス、運動不足、加齢です。慢性疲労を回復するときには、これらの原因を取り除いてあげれば、少しずつ良くなってくるでしょう。

 

一気に回復しなくても、気付いたときには元気が出ているとわかることが多いもの。そのためにできることを紹介します。

 

栄養バランスの良い食事

 

食事面では、栄養のかたよりなく食べることが一番です。例えば、たんぱく質をとらないと良くないといいますが、たんぱく質の消化や吸収を助ける栄養素もとらなければ、いくらたんぱく質をたくさんとっても意味がありません。

 

肉類や魚類から質の良いたんぱく質を摂取しつつ、ビタミンやミネラルもバランスよく取り入れることが大切なのです。また、身体は食事が入ってくるだろいうという時間に敏感です。毎日規則正しい時間に食事をすることは、自律神経を整えてストレスの予防にもつながります。

 

質の良い睡眠

 

睡眠時間については、何時間眠ると良いというようなことがよく話題に上ります。確かに、ぐっすりと深く眠るためには、ある程度のまとまった時間を要します。

 

しかし、何時間横になって眠れば良いという単純な話でもありません。質の良い睡眠をとることができれば、一日4時間程度でも十分だという説もあります。熟睡できることを重視して、身体が休息したがっているのに我慢するような生活は避けるようにしましょう。

 

血液循環を良くする入浴

 

特に運動不足の状態にある人は、全身の血行が悪くなってしまう。筋肉の力も低下し、体温が低めの状態が続いているわけですから、慢性疲労になるのも無理はありません。

 

誰でも毎日体は洗うでしょうから、なるべく湯船につかる習慣をつけたほうが、体がリラックスして血液循環がよくなり、心身共に休まります。不要な老廃物も汗となって流れていきますから、疲労をためこまずに済むのです。湯船につかれないという場合でも、足湯などにつかって工夫してみてはいかがでしょうか。

 

6ヶ月〜1年以上にわたり長く疲労感じる方は病院へ

 

そもそも、慢性疲労とは6ヶ月以上にわたって疲労が続いている状態をいいます。しかし、日常生活に支障をきたすほどの疲労が半年以上も続いているとなると、もはや健康な状態とはいえません。放っておいてうつになってしまったり、免疫力が低下して他の病気になってしまう恐れもありますから、早めに病院に行ってみることをおすすめします。

 

慢性疲労の3つのタイプ

 

慢性疲労には、大きく分けて3つのタイプがあるといいます。1つは、精神的な不調は感じておらず、肉体的にただ疲れると感じているタイプです。もう1つは、心身ともに疲労を感じているタイプ。

 

最後の1つは、肉体的な疲労を感じて日常生活に支障がおよび、そのために周囲から圧迫を感じてストレスになってしまうタイプです。いずれにしても、何も対処せずに放っておくと、慢性疲労が進行してしまう可能性があります。

 

もしかすると、感じている不調が他の病気である場合もあります。病院に行ってもすぐには不調だと診断されない可能性もありますが、自分で感じている不調は気のせいということはないでしょう。あきらめずに、自分の身体に耳を傾けて、不調を回復してあげられる方法を探すことが大切です。

 

慢性疲労の回復方法

 

慢性疲労を回復するのは、段階によっては自分でも可能です。食生活や生活習慣など、日常的なことをバランスよく規則正しくするだけで、疲労を溜め込み過ぎることはなくなってきます。加齢による疲労は仕方ない部分もありますが、現代ではホルモンの補給をすることで疲労回復が可能にもなってきています。

 

ただ、方法がわかっていても自分ではコントロールしにくいというような場合、病院で指導してもらいながら慢性疲労を回復していくのが功を奏することもあるでしょう。もちろん、慢性疲労からうつ病などになりそうなときにも、病院で治療することが大切です。

更新履歴